さんぽみちの特徴


●野外調理

野外調理の日は「奉仕の日」です。森で培っている主体性や協調性、創造性を存分に発揮して、「人の役に立つ喜び」を感じる日です。薪集めに火の管理、野菜切りにお米とぎ。みんな子どもたちが自分でやります。遊びたい気持ちをぐっと我慢して、今やらなければならないことをする時間。たまには失敗することもあるけれど、そんな時も前向きに笑っていられることがすばらしい!一年を通してメニューは変わらず「ご飯とお味噌汁」。粗食の日でもあります。

●そら組プログラム

そら組(年長)になると、特別プログラムがあります。これは二年間で培ってきた力があるからこそできること。夏には四泊五日のサマーキャンプ。冬には二泊三日のスキーキャンプ。子どもたちだけでこれを乗り越えたら、たくましい心が育ち凛とした顔つきに変わります。野外調理の日には飯盒でご飯を炊くのはそら組の役目。マッチを擦って火をつけるのもそら組の仕事です。そら組さんは、みんなにとってあこがれの存在です。

●ファミリーキャンプ

さんぽみちが子どもたちの日常であるとすれば、ファミリーキャンプは「日常の中の非日常」です。いつものメンバーで、いつもの森では味わえない自然環境の中へ出かけます。森遊び、海遊び、雪遊び。いつものお友達と一緒にお風呂に入り、一緒に眠ることも大切な経験のひとつです。ファミリーキャンプで、親も子どももスタッフも、より絆が深くなっていきます。

●森遊び

さんぽみちの幼児教育のメインはこの森遊びです。大人の思惑で何かをさせるのではなく、子どもたちが主体的に動く環境づくり。そして日々多様性に富み、同じことが一つもない自然の空間。少人数であるがゆえに、お互いに向き合いいろんなことも乗り越えていかないといけない人間関係。そしてつまり、だからこそ毎日ドラマが巻き起こります。そこに関わる指導者の存在。森遊びこそが、さんぽみちの幼児教育の本質です。

●表現活動(音楽・造形・ことば)

さんぽみちでは、森の中の教育に、意図的に表現活動を組み込んでいます。それは日本の文化や自然の流れにのっとり、できるだけ自然な形で、つながりを持って取り入れられています。和紙を染める日、行灯を作る日。それを持って夜に集まってお月見をする日。収穫祭の日にはこれがちょうちんに早変わり。秋の森に木の実が溢れて来たら、リースを作ってちょっとずつつけていきます。一か月もして出来上がったら、それを持ってクリスマスパーティ。絵本を読んで、空想をして、ギターに合わせて歌も歌います♪

●指導者の関わり方

さんぽみちの指導者は、子どもたちの主体性と協調性、創造性を身に着けることを考えています。子どもたちが主体的に動ける環境づくりをし、時には一緒に遊び、子どもたちが主体的に遊びだしたら黒子になってそっと見守ります。適切なタイミングでは子ども達の世界に介入して、支えます。子どもたちをしっかり見つめ、向き合い、そして子どもたちとともに在ることを心がけています。ゆっくり時間をかけて子どもたちが自分から動き出すのを「見守り待つ」保育をしています。